亜矢子



アロマセラピー講師/ボイスヒーラー 
1965年生まれ。東京、神奈川出身。引っ越し回数多。鹿児島、福岡も少し住んだことがあります。
2017年から屋久島に在住。

小さい頃は転校を苦にしたことがなく、むしろわくわくしていました。
鹿児島、福岡では活発な子供で、東京、神奈川では内気でした。(今から考えると、自然の近くでは元気だったのかも)

30歳で父が亡くなった時、また会社のストレスと併せ、アロマで癒されたのをきっかけに、アロマの学校に通い始めました。
ほぼ同時に、学校の先生のアドバイスもあり、自身の勉強を兼ねたアロマ講座を始め、会社員とアロマの勉強、講座開催の同時進行の日々を2年近く送りました。
まわりの方の応援のおかげで、不思議にどんどん行動できました。
アこの頃精神的な本を読むようになり、魂の存在を知り、父もどこかに居る、思いを持つようになりました。

会社員最後のGWに、アメリカのアリゾナ・セドナに旅行しました。
日々不思議体験のオンパレードで、到着して早々「ここに住んでいたことがある」思い、
ネィティブアメリカンのお祭りの踊りに参加させてもらったとき、妙に血が騒いでステップを踏んでいた
ことを覚えています。この旅から帰り、会社を辞める決断ができました。

その後3年間、ヒーリング事務所に所属して、ここで自分の感覚・感性を引き出してもらい、
自身のアロマや、オリジナル体系を作ることができました。
様々なセラピー、ボディワークも受講し、アロマの香りへの実感も深まっていきました。

また元々声が通らず、喉も弱かったのですが、アロマ講座で声が通りたい思いから、
ボイストレーニングを始め、次第に声が大きくなっていきました。
けれども「自分は何か違う声が出るはず」という思いが消えず、
様々なボディワークや心理セラピー、自己流に歌い続ける数年のときを経て、
ようやくとあるボイストレーニングをきっかけに、「ずっと探していた声」に出会えました。
ひとり感動して涙しながら、カラオケボックスで3時間、歌い続けていました。

この時の体験を機に、後に「ソウルボイスヒーリング」個人セッションを開催するようになりました。
また以前からあった、「自然の中で歌いたい」を実践するようになり、近隣の公園や山から始まり、各地の自然を旅するようになりました。

2002年、初めてあろまさろんをオープンしました。
その後セドナを再訪。
初めてセドナの山々にボイスヒーリングしたとき、エコーが山々に、そして自身の身体に響き、感動しました。
2004年からソウルボイスヒーリング個人セッションを始め、その後セドナや屋久島へのボイスヒーリングツアーを始めました。
一時セドナには住むように滞在していたこともあります。

2012年からは再び屋久島に通うようになり、2017年に移住しました。
おかげさまで、こころはより自由に、好きなようにやらせてもらっています。



好きなこと
カフェでぼーっとしたり、友達とおしゃべりすること。
アロマやボイスヒーリングのお仕事をさせてもらっているひととき。(ありがたやです)
野生のもの(お花、木々、動物、岩�)。
新しい場所(自然)に行って、歌い、その土地と一体になり、その場の魅力を体感すること。

略歴
・1965年 東京大田区で生まれる
・1988年 電気メーカーにプログラマーとして入社
・1995年 会社の友人のアロマグッズのプレゼントをきっかけに
      自らのストレスをアロマで癒すようになり、専門的に学ぶ
・1997年 セドナへ旅行。その後メーカーを退職。
       セドナ旅行のご縁でヒーリング事務所に所属。
       企業でアロマ講座を開催するようになる。
       ボイストレーニング、様々なボディワーク、心理セラピー
       を学びながら、アロマを深め、オリジナル講座を開催。
・2002年 世田谷にあろまさろんをオープン。
・2002年 カルチャーセンターでアロマ講座開始
・2003年 アリゾナ・セドナを再訪。ドラムヒーリングを学ぶ。
・2004年 ソウルボイスヒーリング個人セッションを開始。
・2005年 屋久島ボイスヒーリングリトリート、
       セドナボイスヒーリングリトリートを開始。
・2017年 屋久島に移住。サロンも移転。
・2019年 ニュージーランド・タカカでボイスヒーリングリトリート開催